原稿データの製作依頼2 - FAXDMビジネス便

FAXDMは抜群のコストパフォーマンスと優れた広告効果を発揮します

FAXDM ビジネス便

FAXDMは10円で訪問営業する強力な営業マンです〜

[お知らせ]

業種・地域(県市区町村)に加えて企業規模(社員数、売上高など)や本社・営業所区分、設立年、上場区分による絞込みも可能です。詳細はこちら
電話番号 0120-17-5151
お問い合わせ

MAIL:fax@faxdmou.com

原稿データの製作依頼2

■原稿の作り方 - その2

サブコピーにてキャッチコピーの説明、更に詳細を載せましょう。

キャッチコピーはその名の通り、お客様の心をキャッチする目的なので、簡潔に短い文章になってますので、それを補足する内容の文章をすぐ下に書き込んでおくがFAXDMでは多い例です。

それから、もっと詳しい紹介の文章を記載して読んでもらう順序を、こちら側が自然に誘導してあげることにより、詳しく読んでもらえる可能性が上がります。全体的に文章は細かくたくさん載せない方がよいでしょう。

読んでもらえる可能性があがったとしても、紙面にビッシリと書き込まれた文字を最後まで読んでくれる方はごくごく僅かですので、全体的にも文字数を極力抑えることがFAXDMを最後まで読んでもらえるコツです。

サブコピーを考えよう

■原稿の作り方 - その3

イラストや写真があれば、用意しましょう。

FAXDMは文字だけですと、どうしても寂しい印象になってしまいますので、商品の写真やイラストやイメージ写真などがあれば、そちらを、ご用意してください。どうしても用意できないがイラストを載せたいご希望がありましたら、デザイナーが作成します(有料)ので、詳しいイメージをお伝え下さい。できるだけお客様のイメージに近いイラストをご用意させて頂きます。

写真の場合は、FAXDMといえども元の画像の画質は綺麗なほど良いです。原寸で解像度が100dpi以上の写真をご用意して下さい。72dpi等がWEB上から拾ってこれるので多いのですが原寸にした時に100dpi以上ないと、あまり綺麗にFAXDMとして出力されません。

もう一つの注意点として、コントラストは大きい方がよいです。中間色のグレーが中心の濃淡の穏やかな写真ですと、FAXDM用原稿に変換した際、ぼんやりとして、何が写っているのかよく判断できなくなってしまいますので、クッキリと濃淡(コントラスト)が強めの写真がよいでしょう。

※写真はデータ容量が大きいため、紙面全体の25%以内抑えることをお勧めします。25%以上になりますと写真にもよりますが、FAXDM配信にかかる分数が1分を超えてしまうとめ、追加料金が掛かってしまいます。

イラストや写真があれば
NEXT FAXDM原稿

ページの先頭へ

株式会社 KILAMEK

東京都新宿区新宿1-9-5
大台ビル 2F

TEL:0120-17-5151
FAX:03-3341-6076

受付時間 9:00〜18:00
配信受付 10:00〜17:00
休日 土曜・日曜・祝日

MAIL:fax@faxdmou.com